05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
スポンサー広告

梅とメジロ

2012年03月22日
鳥たちの囀る季節になりました。

何のひねりも無い構図ですが、春の季節を感じていただければと思います。

2011031868DSC_1345_452.jpg


構図的にメジロが下になりすぎてしまってますねぇ・・・。

トリミングはできるのですが・・・。

時間がございません(苦笑)
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

久留米鳥類センター、オシドリの親子

2010年06月19日
オシドリのヒナ達も、結構おおきくなりました。



暑さを避けるように、日陰でのんびりしているのも可愛いですね♪
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

久留米鳥類センター、ガチョウのヒナ

2010年06月19日
以前は、端のほうにいて、撮影ができなかったガチョウのヒナですが、
いつのまにやら、こんなに大きく成長していました(苦笑)



まだまだ羽毛は生え変わりませんが、
大きさはもうほとんどオシドリの親達と変わらないくらいです(苦笑)

にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

石橋文化センター、逆光のアオサギ

2010年06月13日
はなしょうぶも非常に見事なのですが、
せっかくなので、アオサギもアップで撮影してみました。



この岩の上が定位置のようで、
首をすくめてのんびりと、しょうぶを見に来るお客さんを眺めています。

逆光なのが、ちょうど良く、面白いイメージにできました♪
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

大牟田市動物園、ホワイティの虎耳状班

2010年05月31日
さて、今日の大牟田市動物園の最後の写真となりましたが、
それがこの、ホワイティの後姿。

「なんでやねん」と思った方も多いと思いますが(苦笑)

これには、ちゃんとしたワケがあります。



何気ない、トラの後姿に見えますが、
耳のところの、特徴的な半月状の模様にお気付きでしょうか?

この模様に気付た方や、意味をご存知の方は、
動物をよく観察なさっている証拠でしょう。


この模様は「虎耳状班」(こじじょうはん)と言います。

「虎」と名前についていますが、実際には、
ほとんどの野生のネコ科の動物に見る事ができる模様です。

草原や密林など、草の丈が長かったり、木々が生い茂ったり
しているような見通しの悪い場所で、
体の最も高い場所(つまり耳)に見つけやすい模様を入れることで、
子供が親を見つけやすいようにする為のものだそうです。


何気ない模様のようでも、ちゃんと意味を知って見ると、
なんだか無意味に子煩悩なホワイティちゃんを想像してしまいます(苦笑)


動物の生きている感触、迫力に触れ合えるのも動物園の魅力ですが、
こうした細やかな生態や、生き物の知られざる実態を見る事もできるのも、
動物園の大きな役割であり、その生態調査も動物園の指名の一つです。


知って見るのと、知らずに見るのとでは大違い、ですね。

動物園に行く予定が決まっているなら、ほんの10分でもいいので、
その動物園にいる動物の事を調べて、知ってみませんか?

動物を知れば、もっと私達に近い存在だと、実感できると思います。

そうでなくても、お子様や彼女さんに、「ちょっとした雑学」
として疲労すれば、見る目の変わる事請け合いですよ(苦笑)
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

大牟田市動物園、ホワイティの横顔

2010年05月31日
檻が無い、強化プラスチックごしの写真の為、
いささか色合いが微妙ですが、

そのかわりに、とてもアップで撮れた、可愛い一枚です。



暑かったのか、舌を出しっぱなしなのがまた、
非常に可愛いですよねぇ♪
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

大牟田市動物園、ホワイトタイガーのホワイティ

2010年05月31日
九州に唯一、という、非常に珍しい、ホワイトタイガーのホワイティです。

よく、アルビノと白変種(はくへんしゅ)を混同される方がいますが、
アルビノは、遺伝子異常によるメラニンの欠乏なのに対して、
白変種は、氷河期に保護色になる、白黒の模様が潜在的に遺伝し続けている為の、
一種の「先祖帰り」と考えられており、まったく別の意味を持っています。


見分けるには、実は簡単で、「眼」を見れば一目でわかります。

メラニンを作る事のできないアルビノは、例外なく「赤い目」をしていますが、
あくまで、体毛、体色が白いだけで、メラニンを作れる白変種は、
その品種の通常の眼の色をしています。

そもそも、本当にアルビノだったら、
ホワイトタイガーの、黒い模様すら、
そもそも存在しない(もしくは極端に薄い)ワケでして(苦笑)


まぁ、そんな小難しい事は置いておいて、
水墨の世界などに慣れ親しんだ日本人には、
白黒の色合いは親しみやすく、また神秘的なものです。




このホワイティも、非常に綺麗で迫力があるので、
是非とも一見の価値あり、ですよ♪
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

大牟田市動物園、ライオンのレオ君

2010年05月31日
言わずと知れた百獣の王、ライオンのレオ君です。



とにかくハンサムなのが特徴とのとおり、
非常に端正な顔立ちと、思慮深い面影です。


ほんとうに、カッコいいの一言ですねぇ~~♪
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

大牟田市動物園、レッサーパンダの寝顔

2010年05月31日
大牟田市動物園でも大人気のレッサーパンダです。

しょうたクンと、そらチャンがおりますが、
写真ですと、どちらか判別がつきませんでした(TT)



それでも、木に登ってスヤスヤと眠る寝姿は、
来園する皆さん方に、安らぎをもたらしてくれます。
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)

大牟田市動物園、リン君の正面

2010年05月31日
首が長いのが特徴のキリンですが、
首をこちらに伸ばしたのを見計らって、
首が無い状態を見るのも面白いものです。



ちょうど逆光で、リン君の体の向こうに太陽があるので、
後光が差すように空のグラデーションが広がってるのも面白いですね。
にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加しています。クリックお願いします。
写真(生き物) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。